カイロプラクティックを受ける前と受けた後の注意点

カイロプラクティックを受ける前と受けた後の注意点

カイロプラクティックを利用される方へ

腰痛や肩こりでお悩みの方は、カイロプラクティックを試してみてください。カイロプラクティックを、より効果的に受けていただくためのポイントをご紹介いたします。

■Before

食後すぐの施術は避けましょう

カイロプラクティックの施術では、下向きのポジションをお願いする場合があります。食後すぐに施術を受けた場合には、腹部が圧迫される事で不快感を感じる可能性もありますので、食後すぐの施術はお勧めしておりません。 また、食後は、消化のために全身の血流が胃に集中している時です。カイロプラクティックを受ける事によって、全身の血液循環を促すことは、胃に集中している消化活動の低下にもつながりますので、食後数時間は避けるようにしましょう。

十分な睡眠

忙しい現代人にとっては難しいことかもしれませんが、睡眠不足、交感神経を優位にし、イライラ状態になりがちでリラックスしにくい状態になります。また、施術に対しても過敏反応を起こす頃もあありますので、出来る事ならば、充分な睡眠がとれている状態がおすすめです。

数十分前に水分補給をする

カイロプラクティックでは、滞った血液循環やリンパの流れ等も促しますので、事前やあらかじめ水分を補給しておいてあげると、体内に溜まった老廃物や乳酸などの排泄を促してくれますのでデトックス効果も期待することが出来ます。

■After

ゆったりと過ごす

カイロプラクティックを受けた後は、個人差がありますが好転反応と呼ばれる反応が起きる場合があります。これは、身体がより健康な状態に戻るための反応で、怠さや眠気などを感じたりします。カイロプラクティックを受けた日は、無理をせずにゆっくりと過ごすようにしてください。

長時間の入浴は避ける

長時間の入浴は、身体に負担を与えますので、施術を受けた日は、短めの入浴をお勧めいたします。

お酒は控える

カイロプラクティックを受けた後にお酒を飲むと、酔いやすくなります。せっかく身体をいたわっているのですから、この日だけはお酒も控えて、肝臓も一緒に休めてあげてください。

一時的に気分が悪くなってしまったら

身体が健康な状態に戻ろうとしている変化の過程で起こる反応ですので、無理をせずに身体を休めましょう。