アロマテラピーとは

アロマテラピーとは

アロマテラピーの意味

「Aromatherapy」いう言葉は、フランス人科学者であるルネ・モーリス・ガット・フォッセによって作られた造語で、「Aroma」は「芳香」を、「therapy」は「療法」を意味しています。植物の持つ香りを健康や美容に用いた療法で、小さなお子様からお年寄りまで利用することが出来る優しい療法です。

人類が香りと出会ったのは、いつの事でしょう?

それは、遥か有史以前にまで遡り、古代エジプトで、宗教儀式の時に香りを焚いたのが最初と言われています。また、この頃の女性達は、恋や美を保つスキンケアとして、既に香りを活用していたと言われています。かの有名はクレオパトラは、膝が埋まるほどの厚さまで薔薇を敷き詰めた部屋でシーザーを迎え、再開時には、船の帆に薔薇やシナモンの香りを染み込ませた船で出迎えたと記されています。とてもロマンティックな香りですが、有史以前より、香りは、人々の心を捉え、そして、今なお私達を魅了し続けているのです。

精油(エッセンシャルオイル)は、自然の恵み

アロマテラピーでは、植物から抽出された香りを用います。100%ピュアな自然の恵みで、植物にとっても、欠かすことのできない大切なものなのです。動くことの出来ない植物は、ハチを香りで引き寄せ受粉させる事で子孫を残し、外虫から身を守るためにも香りを利用しています。香りは、植物にとっても命を守るためになくてはならない、とても大切なものなのです。

精油(エッセンシャルオイル)の作用

精油(エッセンシャルオイル)には、様々な薬理作用があります。
複数の精油を組合せると更なる相乗効果が生まれます。心を穏やかに導くだけでなく、自然治癒力や免疫系に優しく働きかけ、私達に元気を与えてくれます。また、お肌のトラブルを鎮め、肌サイクル(ターンオーバー)を正常化するなどスキンケアにも効果的なものです。

ブレンドの世界

精油(エッセンシャルオイル)は、通常、単体ではなく、いくつかを組合せた、「ブレンド」という方法で使用します。ブレンドによって薬理作用、香り共に相乗効果がうまれるのも精油の魅力の1つです。
ブレンドによる香りの奥深い世界も楽しんで頂けれたらと思います。

アロマテラピートリートメント

手のぬくもりが伝わるオールハンドのトリートメントです。
暖かい手のぬくもりは、何にも勝る癒し効果があります。言葉では伝わらない優しさを感じていただければと思います。

アロマテラピーは嗅覚の作用を最大限に利用した癒し

嗅覚は、最も原始的で素直な感覚と言われる通り、私達は、頭で考えずに、香りの「好き/嫌い」を、直感で判断しています。
好きな香りは、快刺激となり脳に伝えられるため、心身をリラックスへと導きます。脳はリラックスし、ホルモンや免疫、自律神経系の働きをを整え自然治癒力を向上させてくれます。アロマテラピーに癒し効果があるのは、このような理由によるもので、まさしく嗅覚の作用を最大限に活用した癒しなのです。
私が、香りをお勧めする時に、好きな香りを大切にしているのは、このような理由によるものです。ぜひ、あなたもお気に入りの香りと出会っていただければと思います。そして、毎日の生活の中に香りを取り入れて楽しんでいただければと思います。
また、嗅覚は脳の海馬や扁桃体とも密接に結びき、記憶とも深く関わっています。